黒大豆とは?効果や副作用をどこよりも詳しく徹底解説!

黒大豆

 

このページでは、住谷杏奈さんがイメージキャラクターを務めるダイエットスムージー黒汁(KUROJIRU)の主成分、黒大豆について解説します。

 

単純に、黒大豆だけなら、わざわざここで解説しなくても、私達の生活に馴染みの深い食品ですよね。

 

でも、今回解説するのは、黒汁(KUROJIRU)に含まれる「黒大豆」です。

 

「何が違うの・・・?」

 

ってもしかしたら、あなたは思われたかもしれませんね(笑)

 

そう、黒汁(KUROJIRU)において黒大豆は、「ダイエット成分」として配合されているんです。

 

あなたは、黒大豆がどのようなダイエット効果をもたらしてくれるのか?きちんと把握していますか?

 

このページの黒大豆に関する解説を読めば、きっとあなたは、黒汁(KUROJIRU)がなんでこんなに人気なのか、よくわかると思います。

 

どのサイトよりも詳しく、黒汁(KUROJIRU)における黒大豆のダイエット成分について解説しています。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

あ、厳密には、黒汁(KUROJIRU)では黒大豆きな粉として配合されています。

 

基本的には「黒大豆」と「黒大豆由来きな粉」はイコールと考えていただいてOKです。

 

黒大豆をそのまま配合することができないので、きな粉にして黒汁に配合しているだけです。

 

なので、「黒大豆由来きな粉」の成分の一番の特徴は「黒大豆」の効果にあります。

 

黒大豆とは?

疑問を持つ女性6

 

まずは最初のお題。

 

「黒大豆ってなに?」

 

っていう話から入ります。

 

先程も書いたように、黒大豆そのものは特に珍しいこともなく、日常の食生活の中でよく見聞きする成分ですね。

 

でも、繰り返しますが、黒汁(KUROJIRU)において黒大豆はダイエット成分として配合されています。

 

そのあたりのことについて詳しく解説します。

 

黒大豆は、英語でblack so beans、black soy bean extractと言います。

 

大豆は英語でglycine maxと言います。

 

黒大豆は別名、黒豆ともいいます。

 

黒汁(KUROJIRU)は北海道産の黒大豆由来きな粉として配合しています。

 

そして、黒大豆には主に3つの成分が配合されています。

 

  • アントシアニン
  • 大豆イソフラボン
  • 大豆タンパク質

 

です。

 

他にも、レシチンやビタミンEといった栄養素も豊富に含まれています。

 

アントシアニン

黒大豆と通常の大豆の違いはここに違いがあります。

 

黒大豆の黒い色素、黒大豆種皮抽出物にはブルーベリーにグ組まれることで有名なアントシアニンが含まれています。

 

アントシアニンは英語でanthocyaninと書きます。

 

黒大豆に含まれるアントシアニンは主に以下の3種類。

 

  • cyanidin-3-glucoside
  • delphinidin-3-glucoside
  • petunidin-3-glucoside

 

中でも、シアニジン-3-グルコシド cyanidin-3-glucosideが非常に重要な役割を果たしています。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種で、アントシアニジン(anthocyanidin)に糖がついた形をしています。

 

つまり、アントシアニンの構成要素がアントシアニジンということです。

 

で、そのアントシアニンには、

 

  • 抗酸化力
  • 血液をサラサラにして冷えを改善する
  • 体脂肪を減少する
  • 視機能改善作用

 

などが期待できます。

 

黒大豆にはそんなアントシアニンが含まれているんです。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆に含まれているフラボノイドの一種です。

 

フラボノイドとは、植物に含まれるポリフェノール成分の大分類の一つです。

 

アントシアニジンなどに含まれていることで有名です。

 

フラボノイドは抗酸化力に優れているのが特徴です。

 

ちなみに、ポリフェノールとは、抗酸化力が強い植物成分のことです。

 

大豆タンパク質

大豆タンパク質は大豆に35%ほど含まれているタンパク質のことです。

 

タンパク質は言わずとしれた、生命の維持に欠かせない栄養素のひとつですね。

 

筋肉や皮膚、毛髪や血液などの臓器や細胞の構成成分です。

 

そんなタンパク質を含む、大豆タンパク質はコレステロール低下作用が認められています。

 

黒大豆の効果は?

メジャーでウエストを測る女性6

 

さて、ここからが本題。

 

黒大豆に含まれるダイエット効果はなんなんでしょうか?

 

厳密には、黒汁に含まれているのは黒大豆由来のきな粉ですが、効果としては同じ。

 

どのような作用を私達の体に与えてくれるのでしょうか?

 

抗酸化作用

黒大豆には高い、抗酸化作用が期待できます。

 

抗酸化作用は簡単に言うと、「老化を防ぐ」作用のことです。

 

抗酸化作用は黒大豆に含まれるアントシアニンの成分から得ることができます。

 

もう少し詳しく書くと、抗酸化作用とは酸化を起こさなくする作用のことです。

 

体内で活性酸素(皮膚などの体が老化する一因となる体内作用)が生じると遺伝子がダメージを受けたり、皮膚のコラーゲンや臓器を作るタンパク質を変性させてしまう危険性があります。

 

抗酸化作用は、遺伝子やコラーゲンよりも先に酸化されることでタンパク質を守ってくれる作用のことをいいます。

 

つまり、黒大豆に含まれる抗酸化作用が老化の一因を防いでくれるということです。

 

抗酸化作用についてはこちらのページでも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

9種類の黒成分って何?効果や特徴を徹底解析

 

お通じの改善

黒大豆には食物繊維もたっぷり配合されています。

 

そのため、便秘解消にも一役買ってくれるんです。

 

内蔵脂肪の蓄積抑制

黒大豆に含まれる大豆イソフラボンの効果で内臓脂肪の生成と吸収を抑制する効果が期待できます。

 

厳密にはこれは、大豆イソフラボンの中のポリフェノールによる働きで、他にも脂肪の燃焼を促進する効果が期待できます。

 

血液がサラサラになる

同じく、黒大豆に含まれる大豆イソフラボンが悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすので、血液がサラサラになる効果が期待できます。

 

血液がサラサラになると、

 

  • 冷えやむくみを改善
  • 肌を美しくする
  • 生活習慣病を防ぐ

 

などの効果が期待できます。

 

黒大豆の副作用の危険性は?

心配する女性6

 

ここまで様々な恩恵が受けられる黒大豆。

 

なんだか、黒汁に含まれているのも納得ですね。

 

しかし、改めて考えてみると、

 

「黒大豆になんらかの副作用の危険性はないのでしょうか?」

 

そこで確認してみたところ、適正の使用であれば副作用の危険性はほとんどないということがわかりました。

 

まぁ、一般的な食材に使われている成分なんだから、あまり副作用が出ることは考え難いですね。

 

なので、黒大豆に関しては安心して摂取して問題ない成分であると言えます。

 

ただし、定められた量以上の摂取はなんらかの副作用を起こす危険性もあるので絶対にやめましょう。

 

黒大豆とは?まとめ

OKサインをする女性6

 

いかがでしたか?

 

ここまで、「黒大豆由来きな粉」としてダイエットスムージー黒汁に配合されている「黒大豆」について解説してきました。

 

これだけのダイエットに必要な効果がたくさん入っているのは驚きですね!

 

ちょっと内容がむずかしくなってしまったかもしれないので、簡単に今回の内容をまとめてみます。

 

  • 黒汁には北海道産の黒大豆由来のきな粉が配合されている
  • 黒大豆には、アントシアニンやイソフラボン、大豆たんぱく質などが配合されている
  • 抗酸化作用・お通じの改善・内臓脂肪の蓄積抑制・血液をサラサラ似する効果が期待できる
  • 適量の使用であれば副作用の危険性はほとんどない

 

これらのことがわかりました。

 

だからこそ。

 

つまり、こうした黒大豆の働きがあるからこそ、黒汁(KUROJIRU)を飲むと痩せやすくなるだけじゃなくて健康になる効果が期待できるんですね。

 

黒汁(KUROJIRU)の全体の詳細はこちらのページからご覧いただけます。

 

【効果なし?】黒汁(KUROJIRU)を飲んだ口コミ!ダイエット体験談